初めて四天王寺に納骨される方へ(受付場所のご案内)

初めて四天王寺に納骨される方へ
スポンサーリンク

大阪天王寺に所在する四天王寺(してんのうじ)には、合同墓があります。合同墓とは、皆さん一緒に同じ墓所へ入るお墓のことを言います。

地方から都会へと核家族化が進行しているなかで「墓じまい」という考え方が流行り、墓じまいされたお墓から取り出した先祖の遺骨や土を、お寺に預けるという流れは、この10年間で大変増えました。四天王寺も、その影響を受けているお寺の一つです。

四天王寺の合同墓のことを、納骨総祭塔(のうこつそうさいとう)と呼びます。納骨総祭塔は、谷町筋にあたる石の鳥居のくぐり境内に入って100mほど歩くと右手に現れます。

初めて四天王寺へ納骨される方に、注意していただきたいのは、四天王寺の合同墓の納骨受付場所は、納骨総祭塔ではございません。

「六時堂」と呼ばれるお堂が、四天王寺の納骨申し込み場所なのです。(よく間違えられるのでご注意ください。)

四天王寺の境内は大変広いので、事前に六時堂の場所をチェックされてから、納骨の手続きを行ってください。

次の動画は、石の鳥居から六時堂までの経路を案内しています。初めての方でも、分かりやすくご紹介している動画です。お寺に行かれる前に、再生ボタンをクリックして、六時堂の場所をチェックされておくことをおすすめします。

四天王寺への納骨方法。申し込み場所は?遺骨を預けた後、どうなるの?納骨料金は本当に1万円?

四天王寺の納骨について、費用や準備するものなどは、下記のブログに詳しく記載しているので、そちらをご参考ください。


この記事を書いた人
はやまっこ

石材店で勤務した経験を活かし、数年前よりお墓と永代供養に関するブログを開設。これまでに400件以上の霊園を巡った経験あり。

はやまっこをフォローする
永代供養
スポンサーリンク
お墓と永代供養