【兵庫】おすすめの納骨堂の費用金額一覧

【兵庫】おすすめの納骨堂の費用金額一覧
スポンサーリンク

兵庫県内で有名な納骨堂をいくつかご紹介します。 納骨堂の種類については、別の記事をご覧ください。
費用感として、石のお墓ですとおよそ150万円で、1㎡サイズの墓石が建てられると考えてみてください。
※ 表記している費用は、2019年のものです。

このページでの「使用料」とは、永代使用料や志納金といった、納骨堂を使用するために最初に支払う料金を指します。「年間管理料」は管理料や護持会費といった年間に継続してかかってくる費用を指します。納骨堂を持っているお寺や管理先によって名称が変わるので、分かりやすく名称統一してご紹介します。

遍照光院 会下山別院

屋内型の納骨堂です。納骨壇タイプや自動搬送式ではなく、新しいタイプのお墓です。お参り専用の石のお墓が寺院の屋内にあるため、墓石に拝みたいといった希望の方に、特におすすめです。納骨のプランも様々ございます。こちらでは、慈光プランをご紹介します。(お骨は専用の厨子箱に納められます。)

遍照光院 会下山別院 の概要

住所 神戸市兵庫区会下山町1丁目11-14
アクセス 神戸電鉄「湊川」駅 、市営地下鉄「湊川公園」駅より徒歩10分
経営主体 真言宗 別格本山 遍照光院
公式サイト https://henjohkohin.or.jp/
お参り時間10:00~16:00
備考永代供養付きなので、無縁となっても安心です。

遍照光院 会下山別院 の費用

使用料1,000,000円
( 慈光プラン: 一般室でのみ参拝可能 )
年間管理費不要

光円寺

兵庫県三田市にある光円寺では、納骨壇タイプのお墓があります。ここでは、通常の納骨壇もご紹介しますが、「光彩殿」とよばれる納骨堂もございます。

光円寺 の概要

住所 兵庫県三田市西野上486
アクセス JR宝塚線(福知山線)新三田駅より徒歩約15分
経営主体浄土真宗 本願寺派 光円寺
公式サイト http://www.eonet.ne.jp/~kouenji/index.html
備考永代供養付きなので、無縁になっても安心です。

光円寺 の費用

多段型納骨壇

使用料400,000円~
年間管理費金額不明

一般型納骨壇

使用料1,500,000円~
年間管理費金額不明

塚口浄苑 紫雲堂

尼崎市にある願生寺の塚口浄苑は、仏壇型の納骨壇タイプのお墓です。交通アクセスがよい好立地な納骨堂です。3種類の費用プランがありますが、何名のお骨を納めるかによってプランが異なります。また、樹木葬もございます。

塚口浄苑 紫雲堂 の概要

住所 兵庫県尼崎市塚口本町1-23-5 
アクセス 阪急「塚口」駅より徒歩6分
JR福知山線「塚口」駅より徒歩11分
公式サイトhttp://eitaikuyo.com/index.html
お参り時間10:00~17:00
備考費用に永代供養・永代管理料が含まれているので、無縁になっても安心です。

塚口浄苑 紫雲堂 の費用

Sタイプ 仏壇型納骨壇 (ご家族用・4霊位まで)

使用料580,000円
(1霊位追加ごとに別途100,000円、仏具120,000円(税別)~ )
年間管理費不要

璧圓寺 春秋堂

神戸市灘区にある納骨堂で、一般的な納骨壇タイプです。「春秋壇」というタイプの納骨壇では、永代供養(永代経)がついてきます。年間管理費はどの納骨壇でもかかってきます。大石駅や摩耶駅から徒歩圏内の好立地な納骨堂です。

璧圓寺 春秋堂 の概要

住所 兵庫県神戸市灘区灘北通2-7-2
アクセス阪神「大石」駅より徒歩7分
JR「摩耶」駅より徒歩6分
経営主体 真宗大谷派 普照山 璧圓寺
公式サイト https://www.hekienji-shinshu.com/
備考希望される納骨壇の種類により永代供養が含まれないこともございます。

璧圓寺 春秋堂 の費用

使用料960,000円( 春秋壇五段型:四寸骨壺を4個収蔵 )
年間管理費金額不明

ご紹介したのは、ごくごく一部の納骨堂です。やはり納骨堂は、石のお墓と比べると費用的に安いように感じます。納骨堂を考えるとき最初に考えていただきたいのは、将来納めるであろうお骨の数です。納骨堂は納めるお骨の数がどうしても制限されます。永くお墓を守り続けられる方には納骨堂は不向きです。

また、納骨堂を検討される方が一番気になるのは、“無縁墓になった場合”の供養方法です。お話を聞いていると、「無縁となった後に合祀墓(家族以外の方と同じお墓に入ること)はちょっと…」とおっしゃる方もいます。大阪府内はお寺が多く点在し、納骨堂を利用される方も多いことから、多種多様な納骨堂の形がございます。何よりも、ご家族やご親族で相談し決めることが重要です。石のお墓もご検討中の方は、ぜひこちらもご覧ください。


この記事を書いた人
みん

石材店で勤務した経験を活かし、数年前よりお墓と永代供養に関するブログを開設。これまでに400件以上の霊園を巡った経験あり。アイコンの帽子は好きなアニメから拝借しています。

みんをフォローする
納骨堂など
スポンサーリンク
お墓と永代供養